セルフプレジャーとは?セルフプレジャートイの選び方

セルフプレジャーとは?セルフプレジャートイの選び方

こんにちは。WOMB LABO編集部です。

WOMB LABOでは、これまで伊勢丹新宿店で開催した「センシュアル・ライフ produced by WOMB LABO」などで、多くのお客様にセルフプレジャートイをご紹介してきました。そこでお伝えしている、セルフプレジャートイの選び方について、今日はお伝えしていきたいと思います。

そもそもセルフプレジャーとは?

セルフプレジャーという言葉がよく聞かれるようになりました。いわゆるマスターベーションのことですが、自分を愛でるというポジティブな意味が含まれてセルフプレジャーと呼ぶようになったようです。

セルフプレジャーと呼び方が変わっても、その行為に嫌悪感を持っている人も少なくないようです。さらに、「膣の粘液やうるおいに効果がある」と知っていても、「どのように始めればいいかわからない」という方も多いようです。

そういう方のために、ここではおすすめのセルフプレジャートイをお伝えしましょう。

セルフプレジャートイの選び方

まず、以下のポイントからお客様が気になるものをおすすめするようにしています。

    1. 「外部刺激型」「挿入型」「吸引式」から選ぶ
      「外部刺激型」は外陰部に直接当てて、その振動でクリトリスをはじめとした自分の好きな場所を刺激するものです。当てるだけですので気軽に試すことができます。「挿入型」はバイブレーターを膣内に挿入し、中での刺激を楽しむものです。「吸引式」はここ数年で誕生したもので、クリトリスに吸いついて刺激を与えるものです。刺激の与え方の好みで、選ぶセルフレジャートイやバイブレーターも変わってきます。
    2. ライフスタイルで選ぶ
      一人暮らしなら気に入ったものをまず購入してみて試していただければと思います。ですが、家族と一緒に暮らしていると、いかにもバイブレーターという形のものは見つかったりしないかと心配で、置き場所にも困るもの。そんな方は、外見だけではわからないものをおすすめしています。また、家族と一緒だとバイブレーターの音も気になりますよね。たとえば、吸引式のものは比較的静音のため、そういった観点からバイブレーターを選ぶという方法もあります。
    3. ひとりで楽しむか、カップルで楽しむか
      セルフプレジャートイですから基本はひとりで使うことを目的に作られています。ですが、カップルでトイを使ってセックスを楽しみたいという方もいるはず。そういう方にはパートナーで一緒に使うことで楽しめるトイをおすすめしています。

ひとりで楽しむか、カップルで楽しむか

セルフプレジャートイの代表ブランド2つ

初心者の方にはまず手に取って欲しいおすすめの2つのブランドをご紹介します。

ひとつは「Smile Makers」。女性のからだの解剖学に基づいて設計されたバイブレーターが揃い、米国をはじめ全24ヶ国で販売されているセクシュアル・ウェルネスブランドです。「ファイヤーファイター』(クリトリスから陰唇まで幅広く使用できるユニークな形状のバイブレーター)、「ザ・ロマンチック」(本体が長く、腟の奥まで刺激する官能型のプレジャートイ)や「ザ・サーファー」(繊細なクリトリスに刺激を与える初心者向け)など、いろんなタイプがあります。

Smile Makers商品写真

もうひとつは「Womanizer(ウーマナイザー)」。吸引式という新しい形のバイブレーターを開発し、2014年に登場し、急成長しているブランドです。吸引式なので比較的静音というところも人気のポイントです。指名買いもリピーターも多いブランドです。
こちらのページもご参考になさってください。
▼Smile Makersブランドページはこちら
▼Womanizerブランドページはこちら

おすすめセルフプレジャートイ3選

たくさんの種類がある中で、初心者の方には、以下の3つをおすすめしたいと思います。

マイファーストトイには

Smile Makers ファイヤーファイター 商品写真
▼Smile Makers ファイヤーファイター 6,600円(税込)

クリトリスの刺激に特化したバイブレーターです。スマイルメーカー自体は人間の解剖学に基づいて作られたもので、形が特徴的です。外陰全体に使い、真ん中の膨らんでいるところがクリトリスに当たるようにします。手のひらサイズで値段も6,600円とお手頃。初心者にはおすすめの商品です。

いかにもバイブレーターだと困るという人には

CRAVE Vesper シルバー商品写真
▼CRAVE Vesper シルバー 13,200円(税込)

こちらは、ネックレスタイプのようで、バイブレーターには全く見えません。バイブレーターを持っていることを知られたくない方におすすめです。もし、見つかってもネックレスだと言い逃れられるので心配ありません。見た目のデザイン性も高く、シリコン製が多いなかではめずらしい、ステンレス製。肌に当てたときに金属のヒヤっとする独特の感覚が人気で、気になる方にはアルコール消毒もしていただけます。挿入用ではありませんが、膣よりもかなり細いので、挿入型の太いトイではジェルが必要な方でも、痛みが少なく内側での振動も楽しめます。好きなところに好きな角度で入れられるのもいいですね。ネックレスとして持ち歩いていても、全く誰にも気づかれませんでした。

静音で快感重視なら

ウーマナイザー リバティ商品写真
▼ウーマナイザー リバティ 14,256円(税込)

吸引という新しいタイプで2014年に登場した「ウーマナイザー」の商品。吸引なので、静音。また、美顔器のような外観なので、部屋に置いてあっても違和感なく、セルフプレジャートイには見えません。手のひらサイズで旅行などへの持ち運びも便利です。クリトリスに吸引部分をかぶせて使います。「100%オーガズム保証」と謳う自信作です。いまの時代のニーズに応え、生分解性プラスティックで作ったサステナブルなラインアップもあります。

実物はWOMB LABO Daikanyamaにありますので、ご興味がある方はお越しいただき、手にとってご覧ください。

トイ購入目的ではない方が、最終的に買う理由

伊勢丹新宿店の店頭で購入された方の中にも、もともとトイを購入するつもりではなかったという方も多くいらっしゃいます。

そもそものお悩みは「膣の乾燥」や「挿入による痛み」といったものでした。こうしたお悩みをセルフプレジャートイを使ったセルフケアで解消できる、そう知ったお客様が結果お買い上げになることもしばしばありました。

大切なのは自分の身体を知ることです。

たとえば、クリトリスという言葉をここで使ってきましたが、自分のクリトリスがどこにあるかご存じですか?

ではGスポットとは?

オーガズムとは?

こういう言葉を「いやらしい」と感じないでいただきたいです。なぜなら、クリトリスもGスポットも自分の身体を知る第一歩であり、オーガズムを感じることでたっぷりと粘液でうるおい、幸せホルモンの分泌が促せると言われているからです。

クリトリスについては、ようやくこの20年ぐらいで明らかになってきたことがたくさんあります。例えば、クリトリスというのはオーガズムの源であるとわかったこと、クリトリスは外から見えるのはわずか1センチほどで全長9〜12センチほどであること、クリトリスは尿道や膣を包み込むような形をしていることからGスポット(膣の入口から2〜3センチほど内側にある敏感に感じるところ)も実はクリトリスが振動することによるオーガズムだったということが発見された、などなど。

クリトリスの詳細については、以下のWOMB LABOで人気のクロード=エステュールジー博士による「DR.クロードの性科学」がわかりやすいと思います。

▼vol.4 クリトリスの正体は〜女性のオーガズムについて①

▼vol.5 オーガズムは感じないといけないのか?〜女性のオーガズムについて②

▼vol.6 不感症と悩まないで〜女性のオーガズムについて③〜

こうした女性の身体の医学的な仕組みを知ることで、オーガズムとの付き合い方が変わってくると思います。

ですから、「オーガズムを得るため」というだけでなく、自分の身体を知るためにも、セルフプレジャートイに興味を持っていただければと思います。

ここでは初心者向けのセルフプレジャートイの選び方と、オーガズムを感じることについて少しお話しをしました。しかし、人によって感じる部分も使いたいシーンも変わってくると思いますので、個別に相談したい方は、WOMB LABO Daikanyamaにぜひ足をお運びください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

WOMB LABO 編集部

店舗のご紹介「WOMB LABO Daikanyama」

代官山店舗画像

WOMB LABO Daikanyamaでは個別カウンセリングをお受けしています。膣の乾燥、性行痛、セックスレス、セルフプレジャートイの選び方など、お客様の悩みに合わせてアドバイスいたします。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

WOMB LABO Daikanyama
【住所】東京都渋谷区猿楽町26-7 アビア代官山1階
【電話番号】 03-6416-0484
​【メールアドレス】daikanyama@womblabo.com
【定休日】月・木曜日
*臨時休業はインスタグラム(@womblabo)にてご案内いたします。

CONTACT

フォームよりお気軽にお問い合わせください。

営業時間/9:00-17:00 定休日/土・日・祝日