WOMBLABO(ウームラボ) CONCEPT 'DISCOVER YOURSELF'

『潤うからだ』の著者・森田敦子が推奨する、
女性がより心地よく、
自分自身と向き合い、
大切に慈しむためのフェムテック・ウェルネスメディア

INTRODUCTION

人生100年時代といわれる今を生きる私たち。女性のライフステージには、初潮、妊娠、出産、更年期、閉経といったからだの変化が訪れます。けれど、女性のからだの仕組みについては、自分のことであっても、知らないことのほうが多く問題に直面してから初めて向き合うという人も少なくありません。

フェム(女性)とテクノロジー(テック)の造語である「フェムテック」という言葉を聞くと、女性のからだの症状や疾患という課題に対して外側からのテクノロジー技術のある商品を使い働きかけるイメージが浮かびますが、私たちは「私たちのからだの中にあるテクノロジーと向き合うこと」こそがフェムテックの原点だと考えます。

私たちのからだの中にあるテクノロジーとは、例えば、初潮。また女性らしいからだつきやからだのリズムに大きな影響を与える女性ホルモン。それらは、「すべて私たちのからだの中にあるテクノロジーなのです。」

WOMB LABO(ウームラボ)は、自分自身のからだを知り、向き合うための知識や情報を発信していく場所です。膣まわりをはじめ体内のテクノロジーのケア方法から、ケアグッズの紹介を通して「潤うからだ」作りのサポートをしていきたいと思います。

女性特有のからだの悩みについて話すのがタブー視されていた時代から、少しずつオープンになりつつある今。正しい知識を持つことこそが、心もからだも美しく健康に生きたい人生を生きるための第一歩になります。自分らしい人生を選択するためにWOMB LABOがサポートできれば幸いです。

CURATOR
ATSUKO MORITA

森田敦子

メインキュレーター
植物療法士

森田敦子

日本における植物療法の第一人者。
株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。
客室乗務員時代に植物療法に出会い劇的に改善後、渡仏。
フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、
帰国後、植物療法に基づいた知見を社会に提供するため、
デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・開発や、「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。
2020年、女性の一生をサポートするための
トータルライフケアブランド「Waphyto」を立ち上げる。
私生活でも42歳で自然妊娠・出産。
著書「潤うからだ」他多数。

SUPERVISOR

松峯寿美

松峯寿美

Dr. Hisami Matsumine

医師・医学博士
東峯婦人クリニック理事長
日本産婦人科学会専門医
ベランジェール=アルナール

ベランジェール=アルナール

Dr. Bérengère Arnal

医師・医学博士
パリ第13大学医薬学部 元教授
婦人科専門医
クロード=エステュールジー

クロード=エステュールジー

Dr. Claude Esturgie

医師・医学博士
パリ臨床セクソロジー性医学 セクソローグ(性医学者)

CONTACT

フォームよりお気軽にお問い合わせください。

営業時間/9:00-17:00 定休日/土・日・祝日